RECYCLING消火器リサイクル

RECYCLING消火器リサイクル

消火器リサイクル

株式会社長生運送は、一般社団法人日本消火器工業会の構築する消火器リサイクルシステムの中において、
消火器の引き取りを行う施設「指定引取場所」として登録されています。
消火器リサイクルシステムとは、一般社団法人日本消火器工業会が消火器の不法投棄をなくし、
法律を遵守した円滑で効率的な消火器の回収・リサイクルを進めるために構築したシステムです。

古くなった消火器は危険です!

古くなった消火器による破裂事故が相次いでいます。
本体の腐食が進んだもの、凹みや変形したもの、ホースが脱落したものなどの老朽化した消火器は直ちにリサイクル廃棄し、
「消火薬剤の放射」「解体」は、絶対に行わないでください。

  • 底部のサビ・キズ

  • 容器の凹み

  • キャップのサビ・キズ

  • レバーのサビ・キズ

不用になった消火器を廃棄するには?

消火器を廃棄する場合は、リサイクルシールを購入して、消火器に貼り付ける必要があります。
※2010年以降に製造された消火器は、製造時からリサイクルシールが貼り付けてあるので、購入は不要です。
リサイクルシールが貼付されている消火器を当社に持ち込んだ場合は、無償で引き取らせていただきます。
リサイクルシールが貼付されていない消火器を持ち込まれた場合は、当社にてリサイクルシールを購入していただくようになります。当社に持ち込む場合は、事前に電話での申し込みをお願いします。
ご希望により、ご指定の場所への回収も行っておりますのでご相談ください。(別途、運搬費用が必要な場合があります)
※エアゾールタイプの簡易式消火器具等は本リサイクルシステムの対象外のため引き取りできません。

リサイクルシール見本

廃消火器持ち込みの注意点

  1. ①持ち込み者の名称(企業、団体、個人)
  2. ②担当者氏名
  3. ③廃消火器の種類と数量
  1. ④リサイクルシール貼付の有無
  2. ⑤持ち込み、引き取り希望の日時

持ち込みの際の注意点

安全栓がある場合

ストッパーが固定されるように
安全栓を正しくセットする

安全栓が正しく
セットされていない

安全栓がない場合

安全栓がない場合はストッパーを
テープなどで固定する

ストッパーが
固定されていない

中身が漏れている物は
袋に入れましょう。

廃消火器の回収について

株式会社長生運送は、東京都、神奈川県、千葉県、栃木県、茨城県、山梨県、静岡県において、定期的の廃消火器の巡回回収を行っております。
リサイクルシールが貼付されている消火器であれば、無償にて回収させて頂いておりますのでご相談ください。